撮ってもとっても

タグ:寺社 ( 4 ) タグの人気記事

いま、ふたたびの奈良へ。~東大寺 二月堂~

奈良県奈良市は、東大寺より
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、東大寺も世界遺産に登録されています。
奈良に春を呼ぶ行事「お水取り」の舞台となる、東大寺の二月堂。
ここの観音様は、絶対秘仏・・・何人たりとも見る事、叶いません。
b0178292_1046274.jpg


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-11 10:48 | 風景

いま、ふたたびの奈良へ。~東大寺 金堂(大仏殿)~

奈良県奈良市は、東大寺より
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、東大寺も世界遺産に登録されています。
言わずと知れた「奈良の大仏」こと、盧舎那仏(るしゃなぶつ)が、御本尊のお寺です。
その昔には、東西に2つの七重塔(推定高さ約100メートル)が、あったのだそうです。
b0178292_17403555.jpg
深い緑の中に、燦然と輝く大仏殿の鴟尾(しび)


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-09 17:41 | 風景

いま、ふたたびの奈良へ。~興福寺~

奈良県奈良市は、興福寺より
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、興福寺が世界遺産に登録されました。
興福寺といえば、「阿修羅像」。
東京国立博物館の興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」に、94万人を集め
ファンクラブまで存在する超人気アイドルは、九州福岡に出張中のために不在。
秋に戻ったら、会いに行こうかな(^^)
b0178292_1730645.jpg
猿沢池の七不思議
「澄まず、濁らず、出ず入らず、蛙はわかず、藻ははえず、魚が七分に水三分」

猿沢池は、天平21年(749年)に造られた人工池である。
池の水は、決して綺麗ではなく澄むこともないが、ひどく濁ることもない。
水が流れ入る川はなく、流れ出る川もないのに、常に一定の水量を保っている。
亀は沢山いるが、何故か蛙はいないし、藻も生えない。
毎年、多くの魚が放たれているので、魚で溢れ返ってもおかしくないが、
そうはならない不思議な池である。


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-08 17:23 | 風景

いま、ふたたびの奈良へ。~春日大社~

奈良県奈良市は、春日大社に行って来ました。
JR東海のCMを見て、なんだか無性に奈良に行きたくなり・・・まさに、JR東海の思う壺。
軽く20年は、行っていない奈良・・・いま、ふたたびの奈良へ。

春日大社は、神護景雲2年(768)、平城京の守護と国民の繁栄を、祈願するために創建された神社です。
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、春日大社と春日山原始林が、世界遺産に登録されました。
b0178292_2016145.jpg


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-05 20:15 | 風景