撮ってもとっても

タグ:奈良県 ( 7 ) タグの人気記事

いま、ふたたびの奈良へ。~番外編~

いま、ふたたびの奈良へ。いよいよ最終回です。
長らくのお付き合い、ありがとうございましたm(__)m

旅先での楽しみといえば、なんといっても食べ歩きですよねぇ(^^♪
その土地ならではの美味しいものを、食さない手はありません。
番外編として、奈良で見つけた美味しいものを、ご紹介します。
b0178292_1939190.jpg
まほろば大仏プリン本舗の 「大仏プリン」
瓶のフタの大仏様のイラストが、なんともキュートな一品です。
いわゆる、なめらか系のプリンでした。
b0178292_19392987.jpg
お昼御飯を済ませた直後に発見した、行列のできるうどん屋、その名も 「麺闘庵(めんとうあん)」
この店の名物 「逆きつねうどん」 何が逆なのかは、もうお分かりですよねw
今度行ったら、絶対に食べてみよう!
b0178292_19393974.jpg
TVチャンピオンで2回優勝したという、高速餅つき 「中谷堂」
きな粉をまとった、甘さ控えめのよもぎ餅、ひとつ130円。
b0178292_19394952.jpg
楽しみにしていた、高速餅つきの実演・・・運悪く、低速でしたorz
b0178292_1940131.jpg
つきあがったお餅を機械に投入!
餡を包み丸められて、よもぎ餅が下から、ポコポコ出てきます・・・面白いw
b0178292_19401835.jpg
食べてないので、美味しいかどうかは、分かりませんが 「奈良漬サブレ」
b0178292_19402931.jpg
同じく 「奈良漬アイス」
b0178292_19405179.jpg
そして、帰りに立ち寄った、天理スタミナラーメン(略して、天ラ)の 「彩華」
店舗もあるのですが、屋台が発祥のお店なので、あえて屋台へ。
スープは、醤油ベースの鶏ガラ&トンコツ、ニンニクと豆板醤が効いた、濃厚なコッテリ味。
麺は細麺で、具には炒めた大量の白菜と豚肉、ニンジン、ニラ等が入ってます。
一度食べると病みつきになりますよっ!リピーターが多い事で、知られています。
奈良の都は、久し振りですが、実はこのラーメンを食べるためだけに、ここまでは何度か来ているのです(^^)v
また食べたくなる、軽い中毒症状が出ます(^^♪

[PR]
by kanimomo | 2009-07-13 19:40 | グルメ

いま、ふたたびの奈良へ。~モリアオガエル~

奈良県奈良市は、春日大社より
春日大社の境内の森の中で、モリアオガエルの卵を見る事ができました。
テレビ等では何度か見た事がありますが、実物は、初めてみました(^^♪

モリアオガエル【Rhacophorus arboreus】
水面上にせり出した木の枝などに、粘液を泡立てて作る泡で包まれた卵塊を産みつけます。
b0178292_1117206.jpg
境内の森に何箇所か、産卵場所があるみたいです。
「モリアオガエルが産卵しました⇒」なんて、案内もなされていました。
b0178292_11173827.jpg
卵のある下にある池の中には、先に孵化したオタマジャクシが、沢山泳いでいました。
b0178292_11175293.jpg
孵化したオタマジャクシは、泡の塊の中で雨を待ち、
雨で溶け崩れる泡の塊とともに下の水面へ、次々と落下していくのだそうです。
b0178292_1118249.jpg
撮影している時に、毎日ここを散歩しているというオッチャンが、話を聞かせてくれました。

「モリアオガエルが産卵すると、孵化したオタマジャクシを狙って、水辺に色んな生物が
集まって来るんだそうで、蛇なんかは、ここでしょっちゅう見かけるそうです。
驚いたのは、食用ガエルが何処からかやって来て、一晩で沢山いるオタマジャクシを全部食べてしまい、
オタマジャクシのいなくなった池に、翌朝、食用ガエルが1匹浮かんでいるなんて事があるんだそうです。」
つい、オタマジャクシが可哀想に思えてしまいますが、これも自然界の厳しさなんですよね。

[PR]
by kanimomo | 2009-07-12 11:18 | 動物

いま、ふたたびの奈良へ。~東大寺 二月堂~

奈良県奈良市は、東大寺より
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、東大寺も世界遺産に登録されています。
奈良に春を呼ぶ行事「お水取り」の舞台となる、東大寺の二月堂。
ここの観音様は、絶対秘仏・・・何人たりとも見る事、叶いません。
b0178292_1046274.jpg


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-11 10:48 | 風景

いま、ふたたびの奈良へ。~神の使い~

奈良県奈良市は、奈良公園と若草山より
ちょっと一息入れて、鹿の写真でも(^^)

奈良の鹿は、ニホンジカ【Cervus nippon】で、約1200頭が、放し飼いされています。
今の時期は夏毛で、茶褐色の地色に白斑が「鹿の子模様」とも呼ばれます。
鹿は春日大社の神使であり、春日大社創建の際、御祭神が神鹿に乗ってやってきたと伝えられています。
b0178292_15474280.jpg


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-10 15:51 | 動物

いま、ふたたびの奈良へ。~東大寺 金堂(大仏殿)~

奈良県奈良市は、東大寺より
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、東大寺も世界遺産に登録されています。
言わずと知れた「奈良の大仏」こと、盧舎那仏(るしゃなぶつ)が、御本尊のお寺です。
その昔には、東西に2つの七重塔(推定高さ約100メートル)が、あったのだそうです。
b0178292_17403555.jpg
深い緑の中に、燦然と輝く大仏殿の鴟尾(しび)


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-09 17:41 | 風景

いま、ふたたびの奈良へ。~興福寺~

奈良県奈良市は、興福寺より
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、興福寺が世界遺産に登録されました。
興福寺といえば、「阿修羅像」。
東京国立博物館の興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」に、94万人を集め
ファンクラブまで存在する超人気アイドルは、九州福岡に出張中のために不在。
秋に戻ったら、会いに行こうかな(^^)
b0178292_1730645.jpg
猿沢池の七不思議
「澄まず、濁らず、出ず入らず、蛙はわかず、藻ははえず、魚が七分に水三分」

猿沢池は、天平21年(749年)に造られた人工池である。
池の水は、決して綺麗ではなく澄むこともないが、ひどく濁ることもない。
水が流れ入る川はなく、流れ出る川もないのに、常に一定の水量を保っている。
亀は沢山いるが、何故か蛙はいないし、藻も生えない。
毎年、多くの魚が放たれているので、魚で溢れ返ってもおかしくないが、
そうはならない不思議な池である。


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-08 17:23 | 風景

いま、ふたたびの奈良へ。~春日大社~

奈良県奈良市は、春日大社に行って来ました。
JR東海のCMを見て、なんだか無性に奈良に行きたくなり・・・まさに、JR東海の思う壺。
軽く20年は、行っていない奈良・・・いま、ふたたびの奈良へ。

春日大社は、神護景雲2年(768)、平城京の守護と国民の繁栄を、祈願するために創建された神社です。
平成10年(1998)、【古都奈良の文化財】の一部として、春日大社と春日山原始林が、世界遺産に登録されました。
b0178292_2016145.jpg


More 続きの写真があります。
[PR]
by kanimomo | 2009-07-05 20:15 | 風景